PUPPIES3.JPG - 16,775BYTES

生命の架け橋

 犬に命を救われた例は、世界中に数多くのあるのではないか。獣や暴漢、猛犬に遭遇した際に身を挺して主人を護ったり、急病や事故の際に助けを呼びに行ってくれたりなど。秋田犬に直接命を救われたのではないにしろ、秋田犬の存在がなかったら、今はこの世にいないという秋田犬愛好家が秋田県北部にいる。その人がいかにして秋田犬に命を救われたか、また、こうした救われ方もあることを秋田犬ファンの皆さんにご紹介したい。  

 「医者の誤診で、危うくみずからの命を絶つところだった」と、物静かにその人は語った。当時、夕方近くなると背中に激痛が走り、七転八倒するほどの苦しみに苛まれていた。藁をもつかむ思いで、近くの総合病院に駆け込んだ。白血病に冒され、もって半年、あるいは3カ月の可能性もある、と医師は家族に告げた。

 病状を伝えるのを、家族はためらった。蒼ざめた夫人の顔色に尋常らしからぬ事態を感じ取ったその人は、血縁である同病院の看護師に会い、「どんな宣告でも驚かない。医者が何と告げたのか、教えてほしい」と頼み込んだ。担当医のもとで従事していた看護師は、やむなく衝撃的な事実を打ち明けた。

 いかに腹の坐った人でも、死の宣告をされてうろたえぬ者などいまい。一瞬にして絶望が脳裏を駆け巡り、時の経過とともに「自殺」の二文字が眼前をちらつき、やがて決意に至らせた。どうせ死ぬのなら、たらふくうまい物を喰って、浴びるだけ酒を飲んでから死のう。そう心に決め、経営者が知り合いである隣町の宿泊施設で3日3晩、喰い、飲み続けた。家族には経営者から伝えてもらった。「心配するな」と。何を喉に押し込んでもうまいはずはなく、酔えるはずもなかった。

 3日目の夜。どしゃ降りの雨が、宿の窓をたたいている。近くの川が水かさを増していた。濁流に身を投じれば、死ねるか。外に駆け出し、誰もいない橋を渡った。雨に打たれつつ、人生を振り返ってみた。と、その時、ふとある男の顔が脳裏をよぎった。隣県の大学病院教授。秋田犬を通じ、長いつきあいだった。 1度思いとどまって宿に戻り、教授に電話を入れた。死ぬ前に、声を聞きたくなった。医者なら、心情をいくばくかでも分かってくれるかも知れぬ。そう思った。

 「これから、死ぬところだ」。力なく受話器の向こうに告げた。教授は、ただならぬ空気を感じ取った。説明から事情を飲み込むと、教授は「私が診る。死ぬのは、それからでも遅くはあるまい。タクシーを差し向けるから、あす、それに乗れ」と宥めた。

 翌日、約束どおりタクシーに乗り、50キロほど離れた大学病院に向かった。広い一室に通されると、待ち受けていたのは10数人の若手医師や助手を従えた教授。促されて診察台の上にうつ伏せになった。さほどの時を要せず、教授は言った。「白血病なんかじゃない。菌によって、脊髄で白血球が異常をきたしていた。それで背中に激痛が走るんだ。今、楽にしてあげよう」。教授は脊髄に注射らしきものを刺した。すうっと、何かが抜けていく気がした。「これで、死ぬ気などおこらないはずだ」。自信にあふれた教授の声。生きる喜びが、再び甦るようだった。

 教授は激怒した。「誰だ! 白血病などと誤診した奴は!」。その人は、総合病院の担当医の名を告げた。担当医は教授から学んだ医師だった。教授は即座に受話器を握り、担当医に怒号を浴びせるや、カルテを持って飛んでくるよう命じた。再び、教授は激怒した。担当医は、満足にカルテすらしたためていなかった。

 「あの時、教授の声が聞きたいという気持ちが起こらなかったら、間違いなく川に飛び込んでいた」と、その人は振り返る。教授との間で"生命の架け橋"の役割を果たしたのは、秋田犬だった。秋田犬を通じて懇意にしていなかったら、亡き人となっていた。 犬が直接主人の命を救う場合もあるだろうし、こうした形で救うこともある。2015年7月現在、その人は80代後半を生きている。

HOME